NPO法人志民連いちのみや様主催のイベント、生物多様性COP10とは(講演とトークセッション)がありました。
NPOアイシスジャパンとしても、あらためて勉強しておくために、参加して参りました。

◇2008年8月8日(金)午後6時半〜8時過ぎ
一宮スポーツ文化センター2階第1研修室(入場無料)
◇講師:生物多様性フォーラムより、原野スキマサ氏・今枝久氏

2010年 名古屋で開催・・・今、学ばなくては
【生物多様性COP10とは】
貴重種保護だけが生物多様性条約の目的ではない!
気候変動、南北問題、食の安全性などなど、地球と人類の未来を救う
「生命(いのち)の条約」について、一宮初のレクチャー&トークセッション
パネルディスカッションとフリートーク

NPO法人志民連いちのみや 理事長 星野 博氏による進行のもと
はじめに、原野氏による講演がありました。
生物多様性条約とは(地球上に生きる生命の条約)というお話や、生物多様性条約誕生の背景など講演がありました。
そして、今枝氏による2010年生物多様性COP10までの道のり等の講演がありました。

2010年名古屋で開催される生物多様性COP10に向けて、ではいったい、私たち市民は何ができるのか?あらためて自らに問いかけてみる、意義ある会であったと感じました。
今後も、各地方都市でこのようなイベントが行われて、生物多様性の保全について、論議し合い、環境への意識が高まっていくことを期待します。
また、アイシス・ジャパンもこういった勉強会を企画していますので、実現に向けて、励んでいきたいと考えています。

NPO法人志民連いちのみやの皆さま、お疲れ様でした。
生物多様性フォーラム、原野様・今枝様講演ありがとう御座いました。
また、講演後急な雨の中、声をかけて下さった、一宮市(有)木下新聞店の
朝比奈様にもこの場を借りてお礼申し上げます。


トラックバック
この記事のトラックバックURL