環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)/環境省中部地方環境事務所主催による「 平成19年度NGO/NPO・企業環境政策提言報告会/平成20年度協働型環境政策の立案・実施意見交換会 」が行われました。
アイシス・ジャパンも勉強のために参加させていただきましたので、すこし報告します。

実施概要

【日時】 2008年8月19日(火) 14:30−17:30
【場所】 環境省中部地方環境事務所
【主催】 環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)/環境省中部地方環境事務所
【協力】 愛知県、岐阜県、三重県、長野県、富山県、石川県、福井県、名古屋市、多治見市、飯田市、
愛知県地球温暖化活動防止推進センター、愛知中小企業家同友会、GEIC ※申請中含む
【報告】 宮崎 正浩氏 (国際環境NGO FoE Japanサポーター
/跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科教授)
【提起】 平沼 辰雄氏 (中小企業家同友会全国協議会政策委員会 地球環境部会長
/愛知中小企業家同友会 副会長)
駒宮 博男氏 (NPO法人地球の未来 代表理事) ※欠席
山田 一雄氏 (建設業)
【有識者】 伊藤 和正氏 (経済産業省中部経済産業局 資源エネルギー環境部 エネルギー対策課 課長補佐)
森下 研氏 (株式会社エコマネジメント研究所 代表取締役 / 財団法人地球環境戦略研究機関持続可能性センターエコアクション21中央事務局事務局次長)
香坂 玲氏 (名古屋市立大学大学院経済学研究科 准教授) ※欠席
常冨 豊氏 (環境省中部地方環境事務所 生物多様性保全企画官)
【参加者】合計43名(スタッフ含む)


まず、中部環境パートナーシップオフィスの鵜飼氏進行のもと、国際環境NGO FoE Japanサポーター/跡見学園女子大学マネジメント学部生活環境マネジメント学科教授の宮崎 正浩氏より報告がありました

鐚ワ式鐚��怨��篌�01

つづいて、中小企業家同友会全国協議会政策委員会 地球環境部会長/愛知中小企業家同友会 副会長 平沼 辰雄氏
建設業 山田 一雄氏 よりお話を頂きました。
そして、質疑応答・休憩の後に【生物多様性の保全】【温室効果ガスの排出削減】をテーマに政策意見交換会が行われました。

鐚ワ式鐚��怨��篌�01

鐚ワ式鐚��怨��篌�01

感想として、今回行われた会は、主にNGO/NPO・企業をメインにした環境政策提言報告会でありました。どんな方向で取り組んで行かれるかを知る上でとても勉強になりました。
アイシスジャパンとしては、ライフスタイルの改革を基本とした、生物多様性保全・温室効果ガス削減を考えていますので、こういった方向での提言をさせていただこうと考えています。(応募期間は8月25日まで(^_^;))
環境を改善する上で、企業の努力、国レベルでの環境対策だけでは、もう間に合わないところまできていると思います。そのためには、広く市民の皆さまの協力を得て、改革する必要があると考えます。
そのためには、多方面での生活様式・ライフスタイルの改善が不可欠であります。そういった方向でアイシスジャパンとしては提言していきたいと考えています。

環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)の皆さまお疲れ様でした。担当してくださった鵜飼様/新海様お世話になりました。
また、名刺交換させていただいた皆さま、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。








トラックバック
この記事のトラックバックURL