EPO中部(環境省中部環境パートナーシップオフィス)を訪問しました。

  

EPO中部の入り口です。         EPO中部オフィス内です。

今回、EPO中部に初めて出かけたわけですが、当初環境省中部環境パートナーシップオフィスと名前を聞いただけで、とてもお堅いイメージを抱きながら出向きました。しかし、入り口にきて「あれ?なんとPOPなディスプレイ!」オフィス内に入ってみて、「とてもアットホームな雰囲気」初めて来たのに、とてもくつろげる雰囲気には、びっくりしました。

  

今回、出向いた目的は、協働型環境政策の立案・実施に向けた基盤づくりと言うことで、「温室効果ガスの排出削減」「生物多様性の保全」二つのテーマでの、政策アイデア・提言の募集があり、提出前に不明な点と提言についてのアドバイスを頂くために出向いた次第です。
7月29日の生物多様性の保全についてNPO/NGO・行政の意見交換会又、8月19日に行われた、NGO/NPO・企業環境政策提言報告会等に参加して、毎回感じることは、自然環境に最も大きな影響を与える人間の生活様式すなわちライフスタイルを改善・改革する流れが欲しいと感じていました。アイシス・ジャパンの食文化の改善を提言し環境の安心を提唱するためにも、生活様式を改善・改革する流れは是非とも欲しいところであるからです。そこで今回、自分の頭の中にある思いを一度ぶつけてみようと、提言書を作り(まだまだ未完成ではあります)お話をさせていただき、率直な意見を伺いました。アドバイスを頂いて、本提言の足りない部分、具体性の欠ける部分等感じることができて、とても参考になりました。
今一度、そういった部分を振り返ってみて、本提言を完成し提出してみようと考えています。

今回、対応して下さった、チーフプロデューサーの新海様、政策提言担当の鵜飼様、暖かく迎えて下さり、ありがとうございました。


トラックバック
この記事のトラックバックURL