本日は、ちょっとした出会いでしたが、とてもうれしかったことがありましたので、報告します。

こうして、環境のことで動き回るようになって、一番良かったのは、良い出会いがあるという事。
そういった方と出会って、未来に向けて意気投合したときは、本当にうれしいですね。

今回、岐阜県は白川町の実家に帰ったんですが、(冬の服を取りに・・・)
以前当ブログにも掲載しましたが、11月の3日に白川町産業際があり、PRのために出店しました。そのとき、お世話になった塔田氏にお礼をかねて、彼の経営する喫茶店に行きました。そこで、たまたま洗剤の話をしているとき、声をかけてくれた方がいました。その方は、商工会青年部の方で、副部長の竹腰哲也氏でありました。

実は、私が無理をいって塔田氏にお願いをしたので、彼が商工会の方に掛け合ってくれたときに、無理を聞いて、尽力してくれた方が、今回であった竹腰氏です。
彼は、地元で理容店(エルフラミンゴ)をされているようで、仕事柄洗剤を多様されるので、合成洗剤の害について、とても詳しい方でした。
そして、地元を愛し、白川の自然環境や特に美しい河川を保全していきたいという考えももっておられました。

そこで、当方が今行っている、『脱!合成洗剤』の話を興味を持って聞いて下さいました。
そこで、将来、白川の環境保全のために、青年部とNPOと手を組んで、何かやろう!ということで、意気投合しました。

そのときの、写真です(デジカメを忘れて携帯のカメラです。ちょっと画質が・・・)

本当にうれしかったですね!

『想念は実現の母』という言葉がありますが、我々の思いは必ず、実現していくと信じています。

生物多様性の保全のためにも、河川の上流地域がもっともっときれいにしていけたら・・

実現に向けて、竹腰様をはじめ商工会青年部の皆さんよろしくお願いします。


来年、愛知県とNPOの意見交換会があります。
そのテーマを募集していたので、
『生物多様性保全に向けて、私たち市民に何ができるか』というテーマを
提言しました。
その後、メールが来て、愛知県の水地盤環境課と自然環境課とNPOでの意見交換会ができそうで、非常に楽しみです。

これからも、『脱!合成洗剤』の取組を推進していきたいですね
みなさん、応援してください。

トラックバック
この記事のトラックバックURL