あいち自然環境保全戦略(仮称)タウンミーティングがありました。

愛知県では、生き物を育む大切な自然を守り、子供達の未来に引き継いでいくための戦略づくりに取り組んでいます。その自然環境保全戦略概要の説明と市民との意見交換の場として、タウンミーティングが行われました。

日時:11月30日 PM2:00〜4:00
場所:SMBCパーク栄
   (ちなみに、11月29日は、豊橋で行われていました。)

開会の後
基調講演:愛知教育大学 芹沢教授
あいち自然環境保全戦略概要説明
参加者意見発表
閉会

会場に行きましたら、生物多様性フォーラムの原野氏もすでに来ておられまして、声をかけて下さいました。隣に座らせていただき、情報交換等しました。いつも、いろいろ教えてくださります。この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございます。

先ず、芹沢先生の基調講演がありました。



そして、愛知県の自然環境課から、あいち自然戦略概要説明がありました。
骨子の概要についての資料を見ましたが、課題と目標の中の行動計画に、生物多様性を支える基盤づくりという項目に、県民のライフスタイルの転換という言葉なども見えました。

そこで、質問事項として、具体的には何を行っていくんだろう?
そんな疑問が浮かびました。
そして、要望として、具体的に『脱!合成洗剤』『脱!農薬』を盛り込んでほしい。
アイシスジャパンの願いです。
そこで、意見発表の時に、お話しさせていただきました。

具体的なメニューは、まだこれから作成していくとの解答などいただきました。

来年1月には、又、県とNPOとの意見交換があるので、何処まで突っ込んで話し合いできるかが、楽しみです。

しかし、社会の状況を見ると、本当に早くライフスタイルを転換すべき時に来ていると思う。
我々は、独自にやれるべき所をこれからも、じみちに行っていこうと思っています。

応援してください!

トラックバック
この記事のトラックバックURL