2009年1月の中部異業種間リサイクルネットワーク協議会(CRN)研究に参加させていただきました。

今年も事務局長 江崎様のご厚意により参加させていただきました。

◆日時:平成21年1月22日 木曜日15時〜17時
◆場所:名古屋国際センタービル26F
    東天紅 名古屋店
◆基調講演:講師 三重大学 教授 舩岡正光様
     「森林の新しい価値 〜脱石油型社会のキー〜」

今回の三重大学 教授 舩岡正光先生の基調講演、すばらしい内容でした。
私の感覚では、「目から鱗!」という感覚。驚きの連続でした。
舩岡先生の著書に「夢ある未来の鍵(key)は木」−分子レベルのリサイクル−という本がありますが、まさに、夢ある未来の扉を開けてくださる、鍵を持っておられる方だと、感じました。



夢ある未来、素晴らしい未来にシフトチェンジするためには、脱石油型社会がキーポイントになります。しかし、世の中の大半が、脱石油社会を目指している物の、ちょっと線路から外れた方向で走っているということを、はじめて知りました。私も環境のことに携わる1人ですが、改めて自分の勉強不足と、もう一度環境について考えてみようと思いました。
車に乗ったとき、同じようなところを走っているつもりが、ちょっと違った道でも走りつづけると、とんでも無いところに出てしまったことはあります。そして、またもとの所に帰るのにのにまた時間がかかり、結局、間に合わなかった、ということがあります。地球の未来のためには、間に合わなかったではすまされない、危機的な状況にあることは、私の足りない頭でもわかる、唯一の正しい認識であると思います。その方向性や進むべき道のキーポイントを教えてくださったのが、今回の舩岡先生のお話でした。2時間を超える熱弁に、本当に感動しました。大げさかもしれませんが、日本にこういった研究をされている方が居られたこと、誇りに思いました。

さて、舩岡先生の基調講演の内容ですが、私たちを含めた地球上に働いているシステム、すなわち自然界のシステムを、深いレベルで知る必要があるということから、自然界のシステムの説明、森林資源の正しい観点、そして、舩岡先生の研究しておられる、リグノフェノールの説明等、お話ししていただきました。
ただ、私ごときのレベルでは、簡潔にまとめることができません。しかし、CRN江崎様より、舩岡先生からメールが届いていました。ということで、三重大学の豊田学長のブログの案内を紹介して下さいました。こちらに、今日の先生の話の内容がとても分かりやすく解説されておりますので、ぜひ、こちらのブログを見て下さい。
下記のアドレスをクリックして下さい

http://www.mie-u.ac.jp/blog/

著書としては、
夢ある未来の鍵(key)は木−分子レベルのリサイクル−
舩岡正光著/森の風プロジェクト

森林とリサイクル ― 環境 みんなで学ぶ総合的学習
舩岡正光/国土社
その他多数

最後に、舩岡先生のお話で印象に残った言葉を紹介します

『人間は地球の主役ではない』−舩岡正光−



三重大学 教授 舩岡正光先生ありがとうございました。
そして、CRN研究会の皆さまありがとうございました。
事務局長江崎様お疲れ様でした。




トラックバック
この記事のトラックバックURL