第3回の 環境・健康・生き方を考えるセミナーを開催しました

日時:2009年1月28日(水)13:30〜16:30
場所:ウィルあいち 3F 会議室1
主催:あんしんきれい.COM
共催:MU∞MAシステム
講師:新川・村野

今回も、本物情報を伝える・・・と言う趣旨のもと村野氏と共にセミナーを
開催しました。

本年、第1回目のセミナーということで、大自然に対しての理念というべき
大自然宣言というお話しをさせていただきました。
これは、私の尊敬するある先生の論文です。それを少し現代風に言葉を変えて、お話しさせていただきました。
参考までに、少し紹介しておきます。

『大自然宣言』

大自然を愛することは自分の 生命(いのち)を愛することである。


■大自然から学ぶ
私達が大自然と共に歩むことができなければ、持続的に生きてゆくことはできない。
大自然を認識し、大自然の中に融けこみ、大自然と一体になる。
これこそ、真実の意義であり、生存の真義であり、生命の尊厳である。
いかにして、次世代の若者達や世の中の人々と共に大自然を愛していくか、これが今後の最も重要な目標である。

■人は大自然の一部分である
決して大自然から離れることはできない。
人類はあまりにも物質化、科学技術化している
人が大自然と対立したならば、どうか?
人類の運命は自滅の一途をたどるよりほかはない。

■天・地・人・万物、四つの要素が一つになってこそ
初めて大自然を形づくることができるのである。
人は大自然の一部分である。
大自然に順応してこそ生存することができる。
人間中心な考え方、やり方や欲望などは大自然の道に逆うものである。

■人間この大地の統治者・主宰者ではない
人類は傲慢・無知によって、あたかも大地の統治者・主宰者であると思い込み、他の生命を軽視している。
この「人類のみが尊い」という偏った観念によって、人類はあらゆる手段で自然を破壊し、惜しむことなく大自然の資源を粗末にし、浪費している

■事実は証明している
人類が勝手気ままに大自然を傷つけることは、自分自身を傷つけることである
大自然の資源をほしいままに浪費することは、自分自身の生命を浪費することなのである。

■私達は忘れてはならない
人類は大自然の一部である。人と大自然は本来一体で切り離すことはできない。空を飛ぶ鳥・地上を駆ける動物・水中を泳ぐ魚、あらゆる動植物は大自然の躍動そのものである。

■人は大自然の全てを代表するわけではない
大自然の中で、天も地も万物も無言である。それらに代わって人が語り、人が大自然を表現する。
人はただ、大自然の代弁者であるが、人は大自然の全てを代表するわけではない。
人間にあらゆる動植物の運命や未来を決定する権利はない。万物の生殺与奪の権は決して人の手に握られているのではない。

■人間と全ての動植物は、同じ根から生まれた兄弟である
私達人間はただこの大地の上に、他の動植物と一緒に生存することができるだけである。私達は、はっきりと知らなければならない
人間と全ての動植物は同じ根から生まれた兄弟である。
どうして傷つけ合うことが許されようか?

■人は万物の霊長である
人として万物を慈しみ、憐れみ、愛おしむ心を抱くべきである
そうしてこそ名実共に 「人は万物の霊長」と呼ぶことができる

■人は己が万物の上に立つものだと思ってはならない。
全てを思うがままに扱うことができるなどと、 傲慢な考えを持ってはならない。それは間違った観念である。

■私たちは忘れてはならない!
天地は私達の父母の如くであり、万物は私達の兄弟姉妹の如くである!
大自然を深く愛するということは、 自分の父母・兄弟姉妹を深く愛することであり、更には自分自身の命を深く愛することなのである!

というような、内容でお話ししました。

第2部は、村野氏からは、健康と生き方についてお話ししていただきました。長年培った経験談や、ミネラルや酵素研究の独自の考え方、発想等、多岐にわたり、お話しがありました。
特に、ミネラルについては、とてもわかりやすく、参加した皆さんも興味深く聞かれていました。

さて次回の活き生きセミナーですが、ワークショップを行います。
興味のある方も多いかと思います。
アロマテラピーで、世界に一つだけのアナタの香りを作ることができます。
会場の関係で、限定で行いますので、興味のある方は、早めにおたずね下さい。

日時:2月25日水曜日 13:30〜16:30
会場:ウィルあいち3F 会議室2
第一部:食 水 汚染から体内環境を守る秘訣
第2部:アナタは見えない世界を信じますか?
    アロマテラピーでハッピー気分に世界で一つだけのアナタの香りを作ってみよう

お楽しみに!!






トラックバック
この記事のトラックバックURL