本日、東山の森を撮影して参りました。
名古屋市の構想の中に東山の森を暮らしの森として、人の暮らしと自然が共生する里山を再生し、豊かな自然と多様な生き物の生息空間を確保すると共に、里山の生活文化や身近な自然との関わりを体験・体感することで自然環境に対する意識の向上を目指すとして、人為的に里山を再生する構想があるようです。
工事が着工される前に現環境を記録し、どのように再生されるかデータとして残そうと思い撮影してきました。

今回は、前回、環境省中部地方環境事務所が主催された環境講座でご一緒させていただいた、環境カウンセラーの安井様とアイシスジャパンの映像部門チーフカメラマン、早瀬氏と共に再生される所を撮影してきました。



現時点では、以下の図面のような構想があるようです。(参考までに!!)


図面の赤で囲まれているところが、今回再生されるところです。
ここを、COP10が開催されるまでに再生するようですが、はたして間に合うのか疑問です・・・・
ここに、湿地やため池、水田を再現して里山を再生するということですが、いくつかの問題もあるようです。
現在、図面赤で囲んである枠の右端付近は、芝がはりめぐらされていますが、芝の張ってる里山は存在しませんので、たぶんはがされることでしょうが、地元の愛犬家等の反対意見も出てるそうです。
また、赤で囲ってあるところの中腹は、以前クレー射撃場があったそうです。そこでバンバン鉛の玉を打ち込んでいたために、少し鉛汚染があるそうですが、その下流に湿地を作ったり、汚染地域から位置はずらすそうですが水田を作る計画があるそうです。(ちょっと違和感を感じます)

今後、工事の様子など撮影し、はたして本当に里山として再生されるのか記録していこうと思います。編集ができればその情報も公開していきたいと考えています。

さて、里山を考えたとき、現代人にとって本当の里山再生の仕方はどういったものかあらためて問いかけてみる必要があると思います。
過去の里山との人間の関わりはあったと思いますが、現在の生活様式に当てはめたときに、これからの人としての里山との関わりがあると思います。
現在、私の課題でもあります。
もう少し勉強して、ライフスタイル改革のひとつとして、整理してみる必要がありますね。

ご協力いただきました、環境カウンセラー安井様ありがとうございました
今後も撮影のさいは、よろしくお願いします。

チーフカメラマンの早瀬氏にも忙しい中、ボランティアで機材持ち込みでご協力いただきましたことに感謝です。





トラックバック
この記事のトラックバックURL